妻のトリセツ(黒川伊保子・講談社)がムカつく?目次・あらすじや発行部数は?

去年秋頃に発売され今大注目の本、妻のトリセツ。みなさんはもう読みましたか?

Kindle対応はしてる?楽天・ヨドバシに売ってる?購入方法から内容紹介、著者の黒川伊保子さんについて紹介します。

妻のトリセツって?どこで買える?

発売日:2018年10月20日
定価:800円(税抜)
著者:黒川伊保子
発行部数:35万部突破(2019.04)
販売:楽天・Kindle・ヨドバシ その他講談社取扱店舗

妻のトリセツの著者、黒川伊保子さんってどんな人物?

1959年生まれ、長野県出身。奈良女子大学理学部物理学科卒。感性アナリスト。他にも、人工知能研究者、脳科学コメンテイター、として、理系に関わる仕事も多々こなしています。

コンピュータメーカーでAI (人工知能)開発に携わり、世界初と言われた日本語対話型コンピュータの開発者。脳とことばの研究をされていることで有名です。

黒川伊保子先生の他の書籍

・前向きに生きるなんてばかばかしい
・脳科学で心のコリをほぐす本
・日本語はなぜ美しいのか
・女の機嫌の直し方
など。

妻のトリセツの目次・内容

世界一受けたい授業・ザワつく!金曜日スペシャル・情報ライブ ミヤネ屋・羽鳥慎一モーニングショー・ノンストップ!・林先生が驚く初耳学!・スッキリ等の人気テレビ番組でも紹介された、今大注目の書籍です。

では、大ヒットした本の詳細をみていきましょう。

妻のトリセツの目次(概要)

・妻は夫に問題解決を求めていない
・妻は夫に共感してもらいたいだけ
・地雷を避ける、会話の“黄金ルール”
・「おうむ返し」で共感のフリを
・事実の否定は、心を肯定してから
・妻を絶望させるセリフ集
・夫には見えていない家事がある
・直感で決める妻、比較検討で選びたい夫の妥協点
・記念日を軽んじてはいけない

ネットの声・感想

まとめ

奥さんに何気なく話しかけている言葉。実はあなたのその言動が妻の不機嫌の原因かもしれません。この本を読んでスッキリ解決してみませんか?

他にも、妻を絶望させるセリフ集なんていう、とても役立つ特集もあります。妻のあれこれを知りたい男性の方必見ですね。妻のトリセツを読んで、あなたも、奥さんマスターに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です