TORIENA(トリエナ)の本名・旦那は?結婚・経歴や年齢について紹介

最近のトレンドにもなっているTORIENAをご存知でしょうか。ブームに乗っているアーティストで、今後ブレイクすると言われているアーティストの一人でもあります。では彼女はどのような音楽を作るのでしょうか。

そこで、今回はTORIENAについて、TORIENAの経歴や年齢、彼女の軸となるチップチューンについてご紹介します。

TORIENAとは

1993年3月21日生まれ、北海道出身。身長は154cm、立命館大学を卒業しました。本名は非公開。

シンガーソングライターとしてだけでなく、音楽プロデューサー、デザイナーとしても活躍しています。

海外でも人気があり、音楽ジャンルはチップチューンと呼ばれる、ゲーム音源のみで作られるサウンド。ゲームボーイの音楽のみで作ることもあるそうで、ライブではゲームボーイを持っていることもあります。

TORIENAのwikiプロフィール・経歴

生年月日:1993年3月21日(年齢25歳)

出身地:北海道札幌市

部活動:吹奏楽部に所属(中学校)

中学ではチューバ、コントラバス、ベース・ギターを演奏。高校生になると放送部に所属し、NHK杯全国高校放送コンテストのラジオドラマ部門では全国2位となりました。

その後、立命館大学に進学し、中国文学を専攻。大学の音楽サークルの先輩からチップチューンの音楽の制作に誘われたことをきっかけとして、ゲームボーイ用の音楽制作ソフトのLittle Sound Djを入手します。

2012年には音楽フェスティバルのBlip Festival Tokyoに出演し、2014年にはアルバム『A.I COMPLEX』がリリースされました。

大学卒業後は、ウェブデザイナーとして働いていましたが、音楽活動に専念するため、入社後3ヵ月で退職します。

2016年には初のヴォーカルアルバム『FAKEBIT』をリリースして、2017年に配信限定EP『MELANCOZMO』でトイズファクトリーからメジャーデビューを果たしました。

TORIENAの軸となっているチップチューンとは

日本のトップアーティストと呼ばれる人たちに共通しているのは、「日常の地続きのファンタジー」を体現していることでしょう。

空気のように蔓延している同調圧力や、漠然としているけど確実に存在している不安から目を逸らすことなく、しかし、音楽を聞いている間だけはファンタジックな世界へと意識を飛ばしてくれるような音楽を求めている人は多いです。

そんな中で、ブレイク中のTORIENAも、日常と地続きのファンタジーを志向するアーティストの一人です。TORIENAの音楽の軸となっているのはチップチューンと呼ばれるスタイルで、ファミコンなどのゲームの「ピコピコ」したサウンド感を活かした音楽を作っています。

「同時に鳴らせる音が少ない」「音域が狭い」「音色を選べない」といった制約を逆手にとったレトロフューチャー的な音像が特徴で、世界的な人気を得ています。

リアルとファンタジーを自在に行き来しながら生み出されるTORIENAの表現は、現在の社会が求めている要素を兼ね備えているとも言えるでしょう。

TORIENAの旦那は誰?

トリエナの旦那さんは、NNNNNNNNNNという名で活躍してるアーティストで、MADMILKY RECORDSの共同創業者です。

夫婦揃ってアーティストなんて、おしゃれですね。

まとめ

さて、今回はTORIENAについて、TORIENAの経歴や年齢、彼女の軸となるチックチューンについてご紹介しました。

TORIENAは海外でも人気のあるアーティストで、可愛らしい外見とは裏腹に、超攻撃的なサウンドが特徴です。チップチューンが好きな方はもちろん、最新のトレンドを知りたい方も要チェックのアーティストですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です