首里城の火災の原因は放火?犯人は誰?世間ネットの声・反応・現場について

沖縄県の首里城で火事が起き、正殿が全焼したというニュースが入ってきました。

火災の原因や、事故なのか事件なのか、事件なら犯人は誰なのか、詳しくみていきましょう。

首里城火災の内容・詳細

那覇警察署などによると、31日午前2時40分頃、首里城を警備している会社から「煙が見える」と消防に通報があったという。

消防車14台が出動しているが、首里城の正殿、北殿、南殿が燃えていて、正殿は全焼し、2階の屋根が崩れ落ちた。

火は正殿の近くの門や近所の民家にも広がっているという。なお、けが人の情報は入っていないという。

首里城では27日からイベントが行われていて、30日夜はその準備が行われていたが、何時まで人がいたかなど詳しいことはわかっていない。

首里城はかつての琉球王国の王の住まい、兼行政機関の本部だったが、正殿は1945年の沖縄戦でアメリカ軍の攻撃によって消失し、現在の正殿は1992年に復元された木造の建物。

首里城跡は、2000年に世界遺産に登録された。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191031-00000045-nnn-soci

現在、首里城祭(イベント期間中)だったという首里城。

現場(首里城)の住所・場所

首里城の住所:〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1丁目2

首里城周辺は見通しが良いため、火が燃え広がりやすい環境かもしれません。

首里城火災の原因は?事故・事件・犯人

現在、首里城火災の原因について、詳しい情報はわかっていません。

ネットでは、イベント中の事故では?放火では?と憶測が出回っています。

火は、周辺の民家にも火は広がっていますが、今のところ怪我人はいないとのことで、今後も負傷者がでないことを祈ります。

首里城火災ニュースの世間ネットの声・反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です