液体洗剤と粉洗剤に違いはあるの?洗浄力が強いものはどれ?

洗濯用の洗剤を買いに行くと、売り場には大きく分けて液体洗剤と粉洗剤がありますよね。どちらを選べば良いか、いつも迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は液体洗剤と粉洗剤の違い、洗浄力の違い、おすすめの洗濯洗剤の使い方についてご紹介します。

液体洗剤と粉洗剤の違い

洗濯洗剤は、大きく分けると粉末と液体に別けられます。昔は粉洗剤が多かったのですが、最近は液体洗剤も多く、ジェルボールという計量の手間がないものまで登場しています。

ここでは、液体洗剤と粉洗剤のメリットとデメリットについてご紹介します。

粉洗剤のメリットとデメリット

粉洗剤のメリット

粉洗剤は、安い、洗浄力が高い、汚れをよく落としてくれるという特徴があります。洗濯洗剤には、中性やアルカリ性などありますが、アルカリ性になるほど汚れが落ちやすくなります。

粉洗剤は弱アルカリ性なので、液体洗剤よりも洗浄力が強いです。また、値段も液体洗剤よりも安いものが多いので、経済的でもあります。

粉洗剤のデメリット

粉洗剤が、水温が低い場合に溶け残りが生じてしまうことがあります。溶け残りがあると、もう一度洗わなくてはいけなかったり、色落ちしてしまうこともあります。

液体洗剤のメリットとデメリット

液体洗剤のメリット

液体洗剤は、使いやすい、粉洗剤よりも服を傷めにくい、衣類が色落ちしにくいという特徴があります。服を傷めることなく洗うことができる中性洗剤は、今では主流となっており、使いやすいです。

また、粉洗剤よりも洗剤が綺麗に落ちやすいです。

液体洗剤のデメリット

洗濯による洗浄力が、粉洗剤よりも劣ります。

洗浄力の強さの違い

洗濯洗剤は、液体洗剤と粉洗剤では、粉洗剤の方が洗浄力が強いです。

例えば、小さな子供がいるため、食べこぼしや泥汚れなどの服がたくさん出る家庭や、皮脂汚れだ目立つ洗濯物が多い家庭では、粉洗剤を使うことがおすすめです。

しかし、衣類があまり派手に汚れることのない家庭では、液体洗剤だけでも事足りることが多いです。

洗濯洗剤はシーズンと汚れによって使い分けるのがおすすめ

昔の粉洗剤に比べると、今の粉洗剤は溶けやすく改良されているものがほとんどです。また、粉洗剤はお風呂の残り湯との相性が良いので、残り湯を使いたい方にもおすすめです。

例えば、シャツの皮脂汚れを取る場合は、35度から40度くらいのお湯で洗うと汚れが落ちやすくなるのです。しかし、今は共働きの人も多く、時間のない人が多いですよね。

そのため、忙しい平日などは液体洗剤で洗濯をして、シーズンの終わりに手間をかけて洗濯をするのが良いでしょう。

まとめ

さて、今回は液体洗剤と粉洗剤の違い、洗浄力の違い、おすすめの洗濯洗剤の使い方についてご紹介しました。洗濯洗剤は、どれが良いか、よりもどう使うかが大切です。

例えば、粉洗剤は洗浄力が強いですが、水に溶けにくことがあるので、冬場は液体洗剤を使ったり、汚れがひどい場合は、つけ置きをしてから洗濯することでしっかりと汚れを落とすことができたりするでしょう。

洗剤を正しく選び、手間を惜しまないことが、服を傷めずに綺麗に仕上げるコツなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です