rude-αの髪型やタトゥーについて!インタビューで語ったこととは?

rude-αさんは、高校生ラップ選手権で活躍していた方で、現在は上京して活動しており、今注目されているラッパーです。

今回は、そんなrude-αさんについて、タトゥーや髪型について、インタビューで語ったことについてご紹介します。

rude-αとは

本名は島袋洋平(しまぶくろ ようへい)さんです。誕生日は1997年2月8日、身長は 165cmくらいと言われています。沖縄県沖縄市出身で、現在は東京に住んでいるそうです。

15歳でダンスを始め、ダンスでリズム感や韻を踏む感覚を身につけ、沖縄出身であるラッパーKDTさんの影響でラップを始めます。

ラップの腕前は、高校生ラップ選手権で準優勝という成績を残す程です。他にも、ラップだけでなく楽曲の制作や、プロモーションも行なっています。

rude-αはタトゥーを入れている?

rude-αさんについて調べると、検索の関連語句に「タトゥー」と出てきます。こちらは、rude-αさんが小さいタトゥーをいくつか入れていることが理由ではないかと思われます。

左手の手首に「幸福」と書いてあるタトゥーがあり、あまり目立つタトゥーではありませんが、ファンにとっては印象的なタトゥーですね。

ラップをしている方は、タトゥーをしている方も多いので、rude-αさんも、今後タトゥーが増える可能性もあるでしょう。

rude-αの髪型

rude-αさんの髪型と言えば、ツーブロックです。写真でツーブロックで写っていることが多いです。

清潔感があり、爽やかな印象の髪型は、男らしくてかっこいいですよね。

rude-αがインタビューで語ったこと

最新シングル「グッバイベイビー」や自主企画『TEEDA Vol.5』について話を聞いたインタビューで、rude-αさんが語ったことについてご紹介します。

まず、rude-αさんがストリートカルチャーに触れるきっかけについて、「沖縄で生まれ育つと、ストリートカルチャーに触れることはごく自然なことだと思います。

小さいころから、道を歩けば外国人がいて、親戚や友達にも外国人の血を引く人も多くいました。洋楽を聞いたり、ダンスにのめり込むことも、ごく自然なことでした」と語っています。

アメリカの文化に影響を受けた沖縄という環境で育ったrude-αさんにとって、ストリートカルチャーはとても身近なものだったのでしょう。

フリースタイルからスタートしたrude-αさんにとって、即興ラップと音源に残すラップの違いはどこにあるのでしょうか、という質問に対して「聴き手の気持ちを気にせず自由にやるのがフリースタイルで、聴き手の気持ちを考えて作るのが音源ですかね。

音源に残すラップで心がけていることは、聴いた人が心を掴まれるような要素を取り入れることです」と語っています。

まとめ

さて、今回はrude-αさんについて、タトゥーや髪型について、インタビューで語ったことについてご紹介しました。rude-αさんは上京してからも、ワンマンライブを控えている程人気のあるラッパーです。

今後、どんどん人気が出てくるラッパーであることは間違いないでしょう。気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です