令和株式会社が長崎に設立!【新元号】

新元号が発表され、早くも「令和」を使った会社が誕生しました。それは、長崎にある「令和株式会社」で、登記簿が閲覧可能になったものでは全国初だそうです。

そこで、今回は長崎に設立された「令和」と表記された会社について、令和株式会社について、令和を使った社名についてご紹介します。

長崎に全国初の「令和」と表記された会社が設立

東京商工リサーチは、4月3日に新元号「令和」と同じ漢字表記の会社名を、法人登記が完了し登記簿が閲覧可能となったもので初めて確認したと発表しました。商号は「令和株式会社」です。

会社の設立は4月1日で、資本金は100万円です。長崎市に本店を置いており、不動産の開発や土木工事などを事業目的としています。

4月1日時点では、新元号と同じ読み方の「れいわ」が平仮名か片仮名表記で名称に入っている企業や事業者は全国で6件ありましたが、漢字表記の令和を含むケースはありませんでした。

令和株式会社について

令和株式会社の代表者は、30年前から元号に合わせようと考えていたそうです。

「1番に喜ぶというのはないけど自分が思い通りになったのが嬉しかっただけで、世の中で一番、日本で一番というのに私感激してないです。自分の夢が叶った」と語っています。

会社が設立されたのは長崎市東部の矢上町。

4月1日付けで法務局に「令和株式会社」を登記しました。代表者は、知人から平成に変わった時に元号を社名にしたところ、会社が大きく成長したと聞き、次に元号が変わった時に元号を社名にしようと決めていたとのこと。

また、代表者は令和株式会社という名前について、「女性に相応しい社名だと思う。例えば30年続いたとき、地域の方とは長崎の方とかに年号に良く似合う会社になったなと言われたらいいかな」と語りました。

令和株式会社は、人口減少が顕著な長崎で、特に斜面地に暮らす高齢者の助けに繋げたいと考えています。

令和を使った社名

令和株式会社以外にも、令和を使った社名があります。例えば、「株式会社令和コンサルティング」は、新元号が発表された4月1日に即日変更しました。

旧社名は「YICコンサルティング株式会社」で、2012年7月に設立されています。今回の社名変更について、「改元という歴史的な節目を迎えるにあたり、当社としても更なる成長・発展を期して社名を変更することとした。これを機に、当社らしい新たなチャレンジを行なっていきたい」と語りました。

慶応から始まり、明治、大正、昭和、平成を元号を冠した企業や教育期間は多くあります。今後、令和を社名や校名に使うケースは増えていくでしょう。そして、マスコミに取り上げられれば、PR効果も狙うことができます。

まとめ

さて、今回は長崎に設立された「令和」と表記された会社について、令和株式会社について、令和を使った社名についてご紹介しました。

4月1日に新元号がは発表されてから、早くも「令和」を社名に使っているところが多いようです。今後も、令和を社名や校名として使うケースが増えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です