同じ売り場でロト7の過去最高額が出た!1等が3口当選して計28億円に!

宝くじを時々購入するという方は多いでしょう。また、ロト7やロト6など、好きな数字を選ぶだけの宝くじは簡単なので、よく買っているという人が多いのではないでしょうか。

そんな宝くじですが、なんと同じ売り場でロト7の最高額が出たのです。そこで、今回は同じ売り場で計28億円が当選したことについて、ロト7について、ロト7の抽選方法についてご紹介します。

同じ売り場で計28億円が当選

高知市の宝くじ売り場「イオンモール高知チャンスセンター」で、数字選択式宝くじ「ロト7」の1等が3口、計約28億円の当選が出ていたことがわかりました。

みずほ銀行宝くじ部によると、同じ抽選日で同一の売り場で出たロト7の当選額としては、史上最高とされています。また、抽選日は3月29日で、当選者が同一人物かはわからないそうです。

ロト7は、購入者が数字を7つ選び、すべて的中すると1等の当選となります。1等の当選金は通常6億円ですが、当選者がいない場合は賞金を次回に繰越すという仕組みになっており、最高10億円となります。

29日の抽選では、1等が9億3358万3800円が3口出ました。

ロト7とは

ロト7とは、1〜37の数字から異なる7個の数字を選ぶ、数字選択式の宝くじです。ロト7の1等最高当選金額は6億円、2等約730万円、3等約73万円、4等9,100円、5等1,400円、6等1,000円です。

当選金額は、発売額と当選口数によって毎回変動します。また、ロト7は1口300円で購入できます。

そして、当選者がいない等級の当選金総額、また1口あたりの当選金があらかじめ定められた最高額を超えた場合の超過額を、次回号の1等当選金に繰越す仕組みになっています。

これをキャリーオーバーといい、キャリーオーバー発生時の1等最高当選金額は10億円です。

また、ロト7は原則的に1年中購入することが可能です。宝くじ売り場、ネット、一部の銀行のATMで購入できます。そして、ロト7の抽選日は毎週金曜日です。

ロト7の抽選会は、原則「東京 宝くじドリーム館」や、期間限定で「大阪 宝くじドリーム館」で行われています。抽選会の様子はインターネットでライブ配信も行なっているので、どこでも見ることができます。

ロト7の抽選方法

ロト7の抽選は、ロト専用抽選機を使って行われています。夢ロトくんという愛称です。

夢ロトくんによって抽選された7個の「本数字」と2個の「ボーナス数字」が、自分が選んだ数字といくつ一致しているかで、1等から6等までの当選が決まります。

まとめ

さて、今回は同じ売り場で計28億円が当選したことについて、ロト7について、ロト7の抽選方法についてご紹介しました。同じ売り場からロト7の1等が3口も出たという珍しさから、今回の宝くじ売り場である高知市にある売り場に行く人もいるようです。

また、ロト7は自分で好きな数字を選ぶだけの簡単な宝くじなので、この機会にぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です