ドコモショップが取り入れた#KuTooとは?健康被害を減らす運動

最近話題の、#kutooとは、一体何なのでしょう?

KDDI・ソフトバンクも取り入れ始めているKuToo

携帯電話大手が“足元”の働き方改革に乗り出す。NTTドコモは2020年にドコモショップの制服を刷新し、スニーカーを履けるようにする。

KDDIは19年5月から一部店舗で、通年でのスニーカー着用を認めた。インターネット上では「#KuToo」を合言葉に、職場で女性がヒールやパンプスを履くことを強要されることに異を唱える動きが広がる。

携帯大手は立ち仕事が多いショップ店員の足元を改善し、ストレスなく働ける環境を整備する。

 ドコモは20年10月をめどに全国のドコモショップの制服を刷新する。現在、女性店員が履く靴はヒール高3・5センチメートルと6・5センチメートルからの選択制。

同社は約4年に1度の制服刷新のタイミングに合わせてパンプスやヒールを撤廃、一律スニーカーとする予定だ。さらに足元だけでなく、カジュアルなジャケットやパンツスカートへの切り替えも検討し、制服全体を改良する。

 KDDIは全国12カ所の直営店で、スニーカーで勤務できるようにした。従来は夏季のみ認めていた。ソフトバンクは6―10月のクールビズ期間にスニーカーを履いて働ける。

各社とも働きやすい靴や制服の実現に歩み出している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00010000-newswitch-ind

簡単にまとめると、スニーカーで勤務okです!ということ。

 

ただでさえ、1日中履物を履いて行動するのは疲れますが、ヒールやパンプスは、更に疲れやすいですよね。

足のかたちにも個人差があるので、本当に苦痛に思っている人も多いはず。

世の中が、もう少し過ごしやすい環境に、仕事場も、心地よく働ける環境になっていくといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です