福岡うなぎ屋女児立てこもり事件の犯人は誰?名前大学経歴顔画像・犯行動機家族関係・facebook自宅住所場所

今朝8時半頃、福岡県のうなぎ屋、うなぎの黒田屋にて、立てこもり事件が起きました。

犯人の身柄は、午後になり無事確保出来たようです。

犯人は人質になっていた女児の父親で、同級生とのこと。

犯人の名前大学経歴SNSアカウント事件場所についてみていきましょう。

福岡うなぎ屋立てこもり事件の内容・詳細

21日朝から福岡市南区大橋1のウナギ料理店「うなぎの黒田屋」で包丁を持った30代の男が店主の娘の女児2人を人質にして立てこもった事件で、福岡県警は同日午後2時半ごろ、男を監禁と住居侵入の容疑で現行犯逮捕した。

解放された女児2人に目立ったけがはないという。

事件は21日午前8時半ごろ、「包丁を持った男が入ってきた」と30代の男性店主が110番した。

店主と妻は店外に出たが、男は女児2人を人質にして立てこもった。

捜査員がドア越しに説得を続け、事件発生から約6時間後に男の身柄を確保した。

男は店の元従業員で、県警は雇用を巡って店主とトラブルがあったとの情報を得ており、動機などを追及する。

 店は当時、開店準備中だった。

現場は西鉄天神大牟田線大橋駅前の商業施設とマンションが建ち並ぶ地域。

パトカーや救急車が多数出動し、近隣住民が不安そうに見守った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00000041-mai-soci

事件が起きた朝8時半頃、女児の父親は開店準備中で、女児らは店の上の階のある自宅におり、犯人が乗り込んだ時に父親が鍵をしめるよう促したが間に合わず、人質にされてしまったとのこと。

女児らを人質にして大騒動にするなんて、父親にどんな恨みがあったのでしょうか。

犯人と被害者家族の関係

犯人の男は、もともと今回の事件現場となったうなぎの黒田屋の従業員。

女児らの父親とは、同級生だったそうです。

同級生の娘を人質にするなんて、考えられませんね。

犯行理由・動機

主な犯行動機は、うなぎの黒田屋を解雇されたことではないかと言われています。

時期的に、コロナウイルスの影響かと連想出来ますが、どうやら犯人の日頃の生活態度が悪いことが原因で、解雇されたとのこと。

今回の事件を起こすような人格ですから、もともと荒れやすい性格だったのかもしれませんね。

犯人の名前・経歴プロフィール・顔写真

名前:不明

性別:男

年齢:35歳

元勤務先:うなぎの黒田屋

今のところ、上記以外の犯人の詳細プロフィールについては公開されていません。

顔写真についても、今後公開されるかは不明です。

犯人のSNSアカウント

犯人のプロフィールについて公開されていないため、facebooktwitterなどのアカウントについても特定は出来ません。

詳細わかり次第、追記します。

人質女児の現在の状態

犯人を確保した際、女児は二人とも無事で、怪我もなかったとのこと。

ですが、立てこもっている間犯人は、女児らに刃物を突きつけていたことから、心の傷はかなり深いものになってしまったのではないでしょうか。

大人同士の事情で、子供を巻き込むなんて、何があってもやってはいけませんね。

事件の場所・住所

犯人の元職場であり、今回の女児らの自宅でもある福岡のうなぎ料理屋、うなぎの黒田屋が今回の事件現場となりました。

店名:うなぎの黒田屋

住所:福岡県福岡市南区大橋1-2-24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です