Half time Oldの読み方は?歌詞の意味やバンドメンバーの年齢について

最近、人気急上昇中のHalf time Oldというバンドをご存知でしょうか。

Half time Oldは、2011年愛知県で結成された3ピースバンドです。

YouTubeでは、「アウトフォーカス」という曲が一番人気があるので、みたこと、聴いたことがあるという方も多いかもしれません。

そこで、今回はHalf time Oldについて、Half time Oldの音楽の歌詞に込められた意味メンバー年齢おすすめ楽曲についてご紹介します。

バンド・Half time Oldについて

2011年にギターボーカルの鬼頭大晴さん、ギターの小鹿雄一郎さん、ベースの鬼頭築さんの3人で結成され、2012年にサポートドラマーとして参加していた阪西さんが正式加入しました。

Half time Old公式ツイッターアカウントはこちら↓

2014年にはイナズマロックフェスCOUNTDOWN JAPANと行った大型フェスにも出演をかけたオーディションから優勝し、見事出演を果たしています。

2015年にベースの鬼頭築さんが脱退するも、サポートベースを迎えながら精力的にライブ活動を行っています。

Half time Oldの読み方

Half time Old と検索すると読み方と出てきます。

かなり多くの人が気になっている証拠ですね。

Half time Oldは、ハーフ タイム オールドと読みます。

Half time Oldの歌詞に込められた意味

Half time Oldの人間味の塊のような歌詞も魅力の一つです。

悟っているけど前向きで、現実的だけど夢がある、そんな印象の歌詞が多いです。

皆と同じではなく、自分ならではの道ややり方を目指す、平成生まれの悟り世代と言われるような人たちには、このような歌詞は響くに違いないでしょう。

まるで、現代を生きる若者たちをそのまま歌にしたような魅力があります。

Half time Oldのメンバーと年齢

 

鬼頭大晴(きとう まさはる)

ギターボーカルを担当。

1993年1月1日生まれ。

Half time Oldの作詞作曲も手掛けています。

好きなアーティストは、セカイイチ、FoZZtoneです。

小鹿雄一郎(おじか ゆういちろう)

ギターコーラスを担当。

1993年3月29日生まれ。

好きなアーティストは、LUNKHEAD・オアシス。

ギターを弾いているフレーズにもとてもこだわりを感じ、引っ張っていく部分と、サポートに回る部分の使い分けがとても上手な人です。

阪西暢(さかにし よう)

ドラムを担当しています。

誕生日は定かではありませんが、 1992年8月6日ではないかと言われています。

好きなアーティストは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、星野源です。

Half time Oldのおすすめ楽曲

アウトフォーカス

Half time Oldは、「アウトフォーカス」で注目を浴びたバンドでもあります。

一度聴いたらハマるキラーチューンは、YouTubeでも伸びている理由ですね。

YouTubeのコメント欄では、歌詞に共感の声が上がっており、盛り上がりを見せています。

シューティングスター

1st Full Album「人生の使い方」に収録されている楽曲です。

本人たち曰く、ポップでロックテイストの強くなったアルバムになっており、「シューティングスター」は個性が目立つ曲とのことです。

まとめ

さて、今回はHalf time Oldについて、Half time Oldの音楽の歌詞に込められた意味、メンバーと年齢、おすすめ楽曲についてご紹介しました。

今勢いに乗っているバンドなので、これからの楽曲が、どのようなものになっていくのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です