アヴィーチー(avicii)が2019年4月にシングル『SOS』とアルバム『TIM』をリリース!

トップDJのアヴィーチーが、昨年亡くなったと報道されたとき、衝撃を受けた人も多かったでしょう。

28歳という若さで亡くなったアヴィーチーは、若いころからトップDJとして活躍していた一方で、忙しさによる苦悩を感じていたのです。

そんなアヴィーチーの新作が、2019年4月にリリースすることになりました。そこで、今回はアヴィーチーの新作について、アヴィーチーの苦悩についてご紹介します。

アヴィーチーの新作がリリース

昨年4月に亡くなったアヴィーチーの新作がリリースされることが決まりました。

アヴィーチーの突然の死から1年、Team Aviciiからメッセージが世界へと配信され、アヴィーチーの新たなアルバムが6月6日にリリースされることがわかりました。

さらに、シングル「SOS」も4月10日にリリースされる予定です。

メッセージの内容では、「ティム・バークリングが2018年4月20日にこの世を去ったとき、彼はニューアルバムの制作をほぼ終えるところでした。残されていたのは完成間近な楽曲のコレクションとその音楽に関するメモ書き、メールのやり取り、テキストメッセージでした。

アルバムの売り上げに伴うアヴィーチーの純利益は、非営利のティム・バークリング基金と、特に精神疾患や自殺防止の分野に取り組む目的のために使われることになっています」とのことです。

アヴィーチーの苦悩

昨年の4月20日にアヴィーチーが28歳で亡くなったとの一報に、世界中が衝撃を受けました。

スウェーデン出身のアヴィーチーは、健康上の理由からすでにライブ活動からの引退を発表していましたが、この死因が自殺であったことにさらなるショックを受けた人も多いでしょう。

一週間ぐらい前から友人に招かれてバケーションのために滞在していたオマーン首都のマスカットのホテルで亡くなっていたのが発見されました。

アヴィーチーは、16歳の頃から兄の影響により音楽制作を始め、17歳で地元スウェーデンのレーベルDejfitts Playsと契約します。その才能は瞬く間にクラブミュージックに浸透し、開花していきました。

EDMのDJたちのライブ活動というのは、クラブ、フェス、個人ツアーになりますが、彼がEDM界で一目置かれ始めたのが19歳の頃でした。この華やかで過酷な世界にティーンエイジャーで入った頃が、天才アヴィーチーの最後を早めてしまったのかもしれません。

アルコールとの戦い

人気のDJは年100〜200回、世界中のクラスやベニューを駆け巡ります。アヴィーチーも、若い頃から世界中を駆け巡り、忙しい日々を送っていたのです。

また、DJという職業柄、行く先々がハードなイベントやパーティーばかりです。アメリカでの飲酒解禁年齢は21歳ですが、アヴィーチーはすでに21歳で過度の飲酒による生活で急性膵炎になり、2014年には胆のうと虫垂を全摘出しています。

アヴィーチーは、2013年頃から、お酒を一切飲まないという触れ込みでした。この頃からすべにお酒で体を壊していたため、禁酒していたということだったのでしょう。

まとめ

さて、今回はアヴィーチーの新作について、アヴィーチーの苦悩についてご紹介しました。スウェーデン出身のアヴィーチーは、19歳でトップDJとなり、DJとして活躍し続けていました。

天才と呼ばれたアヴィーチーの新作シングル、新作アルバムをぜひ一度聞いてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です