2019年4月こと座流星群、札幌・京都・新潟での見頃、方角やピークは?

4月こと座流星群とは、例年4月中旬から後半にかけてみられる流星群。

活動が最大になると、1時間に5から10個程の流星がみられます。数が少ないので、みられたらラッキーですね。すぐ消えてしまったり、しばらく明るく輝き続ける星もあるので、それぞれの個性が楽しめます。

2019年4月23日、こと座流星群の活動が最大に!

今年のこと座流星群は、4月23日未明から明け方にかけて活動がピークになる予測。時間にするとam9時頃と言われています。

この時間では、なかなか星をみることは出来ませんね。ですので、朝方早くが一番のチャンスです。早く寝て早起きするか、朝が苦手な方はそのまま徹夜で挑むのが確実ですね。

貴重な瞬間を、見逃すわけにはいきません!

2019年4月、こと座流星群が観測できる方角は?

こと座は東側の空に昇ります。ですが、みれない方角は特にありません。

東京・大阪・福岡・札幌・京都・新潟、どこでみるにも、場所を気にする必要はありません。なぜなら、こと座は、流星が飛び出す中心点(放射点)だから。

ただ、場所の天気によっては、多少左右されることもありそうです。

まとめ

1時間に多くても10個程度と言われていること座流星群ですが、過去にはなんと、1時間に90個観測されたケースが。

今年のこと座も、ミラクルが起こることを祈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です